忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

知己,那壹段距離

軒窗淒淒瀝雨,寒風突來襲。野葡黃綠,扁豆別離。冷霜哭泣。屋外,臺下黃菊,獨添秋語,壹抹靚麗。

翹首問佳侶,國慶雙棲,喜結連理,又有多少有情人選擇共風雨,住進愛的小屋裏。幸福甜蜜。花好月圓好夢裏。

原田外,草戚戚,雁也南飛去。望天,雲千裏,獨搜秋之倦意。天地之大,為何徘徊舊歷,不肯收起,眼底綿綿春意,獨自殤離。

掩不住的筆,如流不盡的潺溪,縱詞窮暗啞,再難描壹曲高山流水之意。知音,只不過是傳說中的壹個仙侶,與我,遙遙無期。難求矣。---“微庫”

翻閱花叢柳綠,目送壹個個別離。彈不成高山流水相依,畫不成妳和我在壹條線裏。

收起壹指檀香的距離,焚盡此生與妳的念念歸期。看灰飛演滅,無法言喻,紅塵裏,妳我註定只有壹米陽光的情意,倦鳥已歸離。難醒的戀夢,做與誰真?是不是,我在花前等待,看妳盛開,春天才來?而耐心,卻沒等來,花,沒開。

看晚霞落下,月光灑銀沙,嫦娥獨自帶玉兔,回家。縱戀人間眷侶,甜言蜜下,也難飛眼下。那畫裏的美人呀,與我,就是壹個神話。何必再牽掛?罷,罷,罷。

人生過半,壹半憂傷,壹半喜。年少時,總以為有大把的時光,可揮霍,可無期。再回首,時光在難留。回不去的?嘆息!

原地,我踏著來時的路,再也走不回當初的那段距離。光陰裏的故事,如,柳絮。輕柔踏軟隨風去。獨分離,各尋故裏。

我與妳的那段距離,如果期待依然在,是否,還能繼續?別讓它隨風千裏,幾度紅塵老去。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R