忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忙碌也許更是一種享受


忙碌的日子,時間總是如煙般飄緲,倉促的腳步再也無法定格在不變的記憶中,只好目送著一分又一分,一秒又一秒,在滴答聲中漸行漸遠。告別昨天,不斷地贏來嶄新的明天。

忙碌的時候,會錯過很多很多美麗的風景,只顧著低頭趕路或者忙於工作,還哪有歇閑時間去顧及其它的感受呢!全心全意地投入,累到無力,不願放棄,用內心的執著來安慰自己:好好幹!雖沒人為自己喝彩,但心中明白:人生就是一個舞臺,應盡情施展歡顏,才能博得眾人的掌聲。也許,很多時候,不如人願,但至少自己問心無愧,無怨無悔。忙碌的生活,大多數時間是屬於別人的,留給自己唯一的禮物,就是“感悟”,感悟人生中的點點滴滴的精彩:或感動,或驚喜,或悲泣,或激情滿懷,或昂揚鬥志,或自欺欺人!始終相信,不管是哪一種,都是生命的饋贈。

有些時候,會在忙碌中不自覺地遺忘藍天;有些時候,會在忙碌中感到疲憊;也有些時候,會在忙碌中忍不住回眸昨天。
真得很奇怪,為何每天忙著循規蹈矩的工作,卻從來不曾厭倦?是責任?還是思想在作怪?在腦海中不停地尋找,就是找不到一個明確的答案。不知何時開始,愛上了那些可愛又略有點頑皮的孩子們,是他(她)們強烈地求知欲和幼稚的行為,使我不得不彎下腰,融入孩子們的世界,聆聽他們的心聲。

每個孩子都是小精靈,他(她)們身上都有著不一樣的閃光點,懂得之後,就不再情緒化地對待孩子們成長中不可避免的犯錯。從而,學會了換個角度考慮問題,即使責備的時候,也不會粗暴的加以對待,而是換種柔和的口氣告之。於是,孩子們的心門,就情不自禁地打開了,經常很多孩子,有事沒事地喜歡圍著我問這問那,真得忙得不亦樂乎。

忙碌中,喜歡用實踐去論證各種道理。總是有很多人認可“失敗是成功之母”,但在教學中,我卻深感“成功是成功之母”的內涵。傳統的教育方式呈現給每個人的就是“嚴師出高徒”,現在時代不同了,是不是這句話依然適用呢?據我所知,棍棒下的孩子除了具備十足的奴性,就是憤怒的背叛,這樣的教育,是否真得有助於孩子們身心的發展呢?其實是無視孩子個性差異的一種表現。每個孩子都需要來自老師的認可和肯定,才能發揮出該有的潛力,如果教育中總是以棍棒來代替賞識教育,盡管表面上孩子們服從了,變得乖順了。其實呢?孩子們早已沒有了任何的創新意識,凡事變得唯唯諾諾,沒有自己的主見。把孩子們培養成這樣的人,到底能不能適應未來激烈競爭的社會呢?

盡管忙碌的生活令每個人無處可逃,可是,忙碌過後,是不是給自己留點時間思考或感悟呢?感悟真,善,美;多一些反思,思考到底該怎樣的方式去做,才能收到滿意的效果呢?人生是一個忙碌的舞臺,以怎樣的心態去演繹,才能收到最好的效果,不留遺憾在人間。那就需要一顆善感的心,做好自己,有責任心,與人為善,廣施博愛。人生中難免會有恩怨情仇,但是,一旦學會了淡然,不去斤斤計較,懂得放下私心雜念,那麼人生就會擁有更璀璨的明天。

忙碌,也是一種享受。
PR

私は私の心に警告


私の心に警告して私を教えて、それは人々に憎しみを愛すること、誠実に対応する人々に敵視する人。それは私に説明:愛は愛者の体上の利点をではなく、愛される者の身の利点。心に警告して私の前に、愛に私のここでは2本の杭が近い間一条引っ張られ立ての細い線が、今は愛になっ始すなわち終、終すなわち始の光輪、それをめぐるもの;それはゆっくりと、拡張を含むすべての事物が現れた。

私の心に警告して私に教えて、それを見に行く形、色、外見カバーされた美、じっくり見直し人々は醜いものまで、それが私には美しいもの。心に警告して私の前に、私が見たのは、美が噴煙間震える炎。しかし今、煙が消え、私が見たのは燃えるもの。

私は私の心に警告して、それに耳を傾けて教えては弁舌と喉音。心に警告して私の前に、私の耳のことをよく考えないと、騒がしいと叫びを聞いただけで。しかし今、私は静かに耳を傾け、聞こえる合唱時のキャロルと宇宙の賛美歌するている、隠れ幽の奥秘。

私の心に警告して私を教えて、それから搾りジュースが出ない、入れられない、持って手を止めない、触れない唇のものを飲。心に警告して私の前に、私は私の焦渴尽くし渓穀や貯蔵プールの中の水浇消すの灰の山に一粒の火星。今、私の想いはが私の杯は、私の焦渴が私の飲み物、私の孤独はが私の生酔い。私は飲んでも、二度と飲みました。しかしこの永遠に消えない燃焼中は消えない幸せ。

私は私の心に警告して、それを教えて触れては成形と結晶のものを私は知っていて触れることができるのでお知らせは半合理的な、私たちは私たちをとらえた部分が欲しい。私の心に警告して私の前に、私は寒い時に満足して暑い、暑い時に満足して満足して暑さに寒くて、茫漠とした中の一種。しかし今、私は捕捉した感触が分散して、霧になって、すべての存在を明らかにするために、と隠し幽の存在を組み合わせ。

私の心に警告して私を教えて聞いて、それにはハーブと香炉の香りを出す。心に警告して私の前に、毎日私欲享香りに頼るしかない庭師、香水瓶や香炉。しかし今、私は燃えない匂いのスモーク不揮発性の香りに、胸いっぱいのないこの世界は経いかなる座花園もされていないこの空のいかなる1株の空気の清新な息吹を運ぶ。

私は私の心に警告して、それを教えて未知と危険召喚時に答えます:“私は来ました!」心に警告して私の前に、私はいつもの声だけ召喚時やっと起立、私の道歩いて熟踏破する。しかし今、既知へになって未知の馬、平易になって私の階段を登る険峰。

私の心に警告して私を教えて、それでは自分の言葉で、「昨日はかつて……」「明日は……」――行き測定時間。心に警告して私の前に、私は“過去”が1段の死去を戻せぬ時間を「未来」には決して不可能の時代に達する。しかし今、私はわかって、目の前の一瞬が全ての時間を含めて、時間の中で期待されている、と確認のすべての成果。

私の心に警告して私を教えて、それで俺の言葉で「ここ」「そこ」、「ちょっと遠く」――行き限定空間。心に警告して私の前に、私は地球のある所に立って、自分から離れた他のすべての地方。しかし今私はすでに分かって、私にするところを含むあらゆる場所、私が旅の一人旅は、すべての道程。

私は私の心に警告して、それで私を教え週辺住民ぐっすり眠る時に徹夜して、彼らの覚醒時眠る。心に警告して私の前に、私は自分の寝台の上に寝て見えない彼らの夢、彼らは彼らの眠い居眠りを探してくれない夢。しかし今、私は彼らが私を見回す時やっと漫遊羽ばたく私は夢の中で、彼らは私が彼らの自由獲得を喜ぶ時やっと飛ぶ彼らの夢の中。

私の心に警告して私を教えて、それでないのは得意でないで、1つの非難で憂え悲しむ。心に警告私まで、私はずっと自分を疑う労働の価値とレベルまで、時間をそれら派一人の表彰者や中傷する者。しかし今、私は分かって、木の春に花が咲いて夏の結果は待ち望んでほめて、秋冬の疲弊落ち葉を怖がらないで非難する。

私の心に警告して、それがわかる私に証明:私は草莽貧賎者が高く、より強く覇壮大である者が低い。心に警告して私の前に、と思っていた人は二つに分けて:一つは私の同情や弱者軽蔑の類は私に追随し、あるいは反骨の強者。しかし、今の私はもう知っている、私は、人間に一つのグループのものの構成の1つの個体は、人の成分は彼らの成分を含んで、私は彼らのを含んで、私の望みは彼らの望み、私の目標は彼らの目標。彼らは罪を犯したならば、あれは私も罪人;彼らをすればいい、私もこの良い事を誇り、彼らが立ち上がって、私も一緒に起立し、彼らが座ってたら、私も一緒に座って。

私の心に警告して、それは私が知っている:私の手を挙げる燈は僕だけに、私が歌っている歌もなく、私の材料譜割。もし私が持っている光を歩いて、私は「光;もし私は上絃の琴、それは奏者。

兄弟!私は私の心に警告して、私を教育し。君の心も戒めたことを、教育してくれた。あなたのため私はお互いが似ている。私たちの間には変わりがない、私は言っている私は、私の言葉の中で少しだけ;あなたは隠してあなた、あなたの隠匿は一種の美徳。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R